Office for Mac 2011

Office for Mac 2011 for Mac 14.2.5

Windows 版Office との互換性に優れた Mac 向けMicrosoft Office

Microsoft Office 2011(マイクロソフト オフィス 2011)は、Mac用のマイクロソフトオフィスシリーズ最新版です。Microsoft Word(多機能ワープロ)、Excel(表計算)、PowerPoint(プレゼンテーション作成)、Outlook(メールクライアント)を一つにしたオフィススイートで、家庭、個人事業主、在宅ワークなどでの利用が想定されています。 完全な説明を見ます

賛成票

  • Outlook(メールクライアント)が新たに加わった
  • 起動や動作の高速化
  • SkyDriveに簡単にアクセスしてオンラインで編集、保存、リアルタイムで共同編集などができる

反対票

  • OneNoteはMac版ではまだ登場していない

秀逸
9

Microsoft Office 2011(マイクロソフト オフィス 2011)は、Mac用のマイクロソフトオフィスシリーズ最新版です。Microsoft Word(多機能ワープロ)、Excel(表計算)、PowerPoint(プレゼンテーション作成)、Outlook(メールクライアント)を一つにしたオフィススイートで、家庭、個人事業主、在宅ワークなどでの利用が想定されています。

Microsoft Office for Mac公式サイト

起動や動作の高速化、インターフェースの統一化、コラボレーション機能の追加など、様々な機能が追加されています。より便利、かつ軽快になった新バージョンを試してみてはいかがでしょうか。

[PR]期間限定でタイプ カバーが無料

Microsoft Office 2011は、ユーザーが日常的によく使う機能をより便利に使えるように設計されており、ボタン類はすっきり見えるよう、配置が工夫されています。レイアウトはOffice 2008から大幅な変更はないため、前バージョンのユーザーも戸惑うことなく移行することができるでしょう。 Office 2008で登場した“リボンタブ”はより使いやすいようにカスタマイズでき、MacBookなど画面が小さい時には非表示にすることも可能です。

Microsoft Office 2011では、従来のメールクライアント「Entourage」の代わりに「Outlook」が新たに加わっています。Outlookメールのファイル形式である「.PST」ファイルの取り込みにも対応し、Windows版Outlookからの移行も可能です。また、Mac独自の機能として、Spotlightによる全文検索やTime Machineでのバックアップなどにも対応するなど高機能です。ただ残念なことに、WindowsのOffice に同梱されているOneNoteはMac版ではまだ登場していません。

アプリケーション間に共通する機能としては、オンラインドライブであるSkyDriveに簡単にアクセスできるようになりました。SkyDriveにアクセスすると、Office Web Appsを使用することで、Microsoft OfficeがインストールされていないMacやPCでもWordやExcelなどの文章を閲覧・編集することができます。「どこにいてもオンラインで編集、保存」できるほか、「リアルタイムで共同編集」することも可能で、便利さを実感することができるでしょう。

Microsoft Office 2011は、日々の作業を効率的にしてくれる便利な機能が満載されたオフィスアプリケーションです。

Office for Mac 2011

ダウンロード

Office for Mac 2011 for Mac 14.2.5